形見分け

ご遺族の方へ

形見分けと処分品

遺品整理は、形見として残すものと処分するものを区分けしていくことが主な目的となりますが、大掃除としてのご利用も一般的です。

探していた物や、思い出の品、思いがけず出てきた貴重品、中にはご家族も知らなかったような物も出てくることも珍しくはありません。

そういった遺品や処分品の供養、処分代行、梱包、配送、引取り、遺品整理後のハウスクリーニングなど、遺品整理と遺品整理に関わる全ての工程(または部分的なサポート)をお受けいたします。

ご遺族様の立ち会いの作業も可能です。

遺品整理のプロだからできるきめ細かい作業をが精一杯心を込めて行います。

遺品整理の主な工程とポイントご遺族の方へ

形見と処分品の分類

形見分けする品と不要品を分別する

ご遺族の意向に沿う形で遺品を分類し、形見になる物と処分する物に分けていきます。

遠方にお住まいで現地に行けない方などの代行業務として、体力的理由で遺品整理や掃除が捗らない方のサポートとして、精神的苦痛から個人の部屋や所有物を見ることが出来ない方など、掃除の延長といった感覚の方から手の付けられない状態になった部屋(家)の回復まで、どんなご依頼にも対応いたします。

指定があれば梱包から発送まで承っております。

敬う気持ちと丁寧な仕事を心がけています。

貴重品・判定不明品の保護

貴重品や大切なものを保護する

遺品整理業務において重要なポイントです。

遺品整理では、ご遺族も知らなかったような物、探してたけど見つからなかった物、貴重品などが出てくることが多くあります。

(※ 過去の例:指輪、現金、通帳、写真など)

こういった貴重品や大切な物、こちらでは価値が判別できないもの(ご家族にとって大切な物)などの区別はハウスクリーニング業や清掃業の方が副業として行う遺品整理ではかなり高い確率で見落として処分品となってしまいます。

この点が「遺品整理の組合加盟業者」と「清掃業」の最も大きな違いと言えます。

貴重品と思われる物の「保護」「報告」の徹底は、安心してご利用いただける遺品整理業務の最低条件としてお考えください。

遺品と処分品のその後

配送・処分などの手配

遺品整理で分別が終ると遺品となるものと処分するものが整理されます。

遺品となる物はご希望に応じて、遺品供養、配送など契約内容に沿った手配をさせていただきます。

処分品はご依頼があればこちらで引き取ることも可能です。(ご供養後の処分もできます)

ご供養については当サイト内「遺品供養」ページで詳細がご確認いただけます。

ご供養、お引取りに関しては別途費用が発生いたしますのでお見積り時にお申し付けください。

遺品整理後のケア

形見分け後のアフターケア

遺品整理の分別以降でもご相談いただければ様々なサポートをご用意しております。

お部屋の清掃(ハウスクリーニング)、リフォームなどご依頼される方が多くいらっしゃいます。

その他にも、墓石清掃、お墓参り代行、空き家管理、高齢者宅みまわりなど、特に遠方にお住いの方や、お仕事などでお忙しい方にご利用いただいているサポートもございます。

「一緒に遺品を整理した業者だからこちらの事情がわかっていて頼みやすい」という声をよく頂きます。

どんな些細なことでもご相談いただければ出来る限りの対応をさせていただきますので遠慮なくお申し付けください。

遺品整理のご依頼・無料お見積り・お問い合わせ
お電話での遺品整理ご依頼・無料お見積り・お問い合わせ
メールでの遺品整理ご依頼・無料お見積り・お問い合わせ