組合の取り組み

代表理事からの挨拶

組合の取り組みについて

 埼玉遺品整理事業協同組合は、「整理難民をなくす」、「悪徳業者排除」を掲げております。

 

 同じ志を持った会社が集い日々邁進しております。

 

 長寿化、肉親との疎遠により、「生前整理」、「遺品整理」の人手がいない。どこに頼んで良いか分からない等ご相談を多く賜ります。

 少子高齢化が進む中、今後益々増えるであろう「整理難民をなくす」「悪徳業者排除」をモットーに活動いたしております。

 

 整理品、片付け品は、我々業者にはゴミでもご遺族、肉親は大切な「思い出の品」です。一つ一つ丁寧に片付けることをお約束いたします。

 ご仏壇、ご位牌、神棚、お人形等のご供養も行っております。

 

 お見積もりは全て無料です。

 

 又、平成25年総務省統計局発表によると、全国の空き家が820万戸、5年前に比べて63万個増えています。

 空き家率は13.5%に上っている。おおよそ15軒に1軒が空き家となる見解です。

 空き家を放置しておくと、小動物の営巣、倒壊、不審者の侵入と言った問題が発生する可能性があります当組合でも、空き家対策は今後の課題として捉えているところです。

 

 埼玉遺品整理事業協同組合を宜しくお願い申し上げます。

 

埼玉遺品整理事業協同組合 代表理事 芳山 豊

埼玉遺品整理事業協同組合の取り組み

仕事を通して社会に貢献していきます。 コンプライアンスを順守し、「適正価格」「適正処理」を推進していきます。 故人の遺品はご遺族にとって大切な思い出が詰まっています。 一つ一つ大切に扱うことをお約束致します。 「整理難民」をなくしていきます。 お打ち合わせには当組合の組合証を提示いたします。 組合の厳しい基準。 遺品整理士・遺品査定士の確かな技術。 ご遺族さま、故人さまの目線に立った敬う気持ち。 遺品整理は組合加盟会社へご依頼ください。